ジャパン・ハンド

 基礎的な日米外交史の知識があり、日常的にアメリカの対日政策について新聞等でフォローしている人にとっては当たり前のことをまとめただけで物足りないと感じるかもしれない。アメリカの対日外交の戦後の担い手について簡潔にまとめてあり、ざっと全体像を概観したい方にはお薦めの一冊。


 徐々に日本の存在感はアメリカの一般社会にとっては小さなものになっているかもしれない。しかし、そのことと外交における日本の重要性は別であり、過信は禁物だがアメリカ外交にとって一定の存在感を現状日本が持っているのは事実と捉えていいのではと本書を読みながら考えた。

ジャパン・ハンド (文春新書)

ジャパン・ハンド (文春新書)